風俗求人で採用された後の研修と仕事

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

風俗求人に応募して、採用された場合はいきなり風俗嬢としてお客様の相手をするのではなくて、研修を行うが、事前に病気にかかっていないかどうかを責任者が厳しく確認をします。風俗の仕事をする前に、性病や感染症になっていないかどうかを風俗店が提携している病院で検査をしてもらいます。性病や感染症などの病気の結果が出た場合は、お客様に感染を防止するための衛生上の理由で、風俗嬢は出勤を停止される事が必須で、性病や感染症などの病気が完治するまで療養する事になります。病気の疑いがない場合は、早速風俗店の責任者から伝えられた出勤日と出勤の時刻に基づいて、風俗に関する基本的な研修を行います。初心者の風俗嬢の研修期間は、平均的には数日間が原則で、数日間の研修を終えた後には新人さんとして扱いを受けて、風俗の仕事に従事する事になります。研修中は責任者がお客様の代わりとして、風俗のサービスの基本的な仕事を学んでいくが、数日間の研修期間において責任者が入ったばかりの風俗嬢に対して、大丈夫とみなした場合は早速お客様を相手にする事が出来るが、まだ仕事に不安がある場合は研修期間を延ばして、仕事を完全に覚えるまで風俗のサービスの研修を行います。