ソープの面接

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ソープ店の求人は、ヘルスなどよりも厳しい条件が提示されることも多いです。それは、与えられる給料も多いからです。 ソープというのは、事実上本番行為が認められている唯一のお店ですから、お客さんにそれなりの出費を要求します。ですので当然もらえるものも多くなってきています。 面接などに行けば、顔の良し悪しや受け答えを見られるのは当然ですが、服を脱いで裸を見せることも当然必要です。最近では、面接にかこつけてのセクハラ行為や、フェラチオなど、まだ採用を決めたわけでもないのにそういうことをさせるというのは減少傾向にあるようですが、しかし、採用側としては女の子がどれだけ本気で来ているのかわからないわけですから、それを確かめるという意味でも、ある程度はしかたのないことかもしれません。 最近は少なくなったセクハラというのは、女性の店員が、どういう行為をするのかという説明をする、という意味です。実際にお客に対してどういうことをするのか、体で教えてくれるわけです。男性が、客目線で教えるのに対して、女性は、従業員目線で教えることになるので、同じ従業員として、面接を受けに行った女性は安心して講習を受けることができる、というわけです。